fbpx

Blog

いろんな顔を持つ女性になろう。


前川 真紀 前川 真紀

日曜、ハタヨガ&陰ヨガを贅沢にレッスン予約しました。

私の一日計画は、ハタヨガが終わったら、ダッシュで帰宅。

掃除と昼ごはん支度したら、ロータスブルームへもう一度行く。

途中で、スーパー&ガソリンスタンドへ…

忙しいのも、ヨガがあるから出来ます。

年末年始の準備で、忙しい方もいらっしゃると思います。

ロータスブルームには、アクティブなヨガもリラックスなヨガもあります。

色々チャレンジ楽しいです。

意外な自分を発見出来ますよ。

遠慮なくステキな人のステキを真似よう。

日々チャレンジ!!

二人のインストラクターをご紹介。

チャレンジ!良い言葉です。

ハタヨガの、チカ先生。

陰ヨガの松岡先生。

私はホットヨガで、お世話になる事が多いです。

お二人イメージは、完璧主義!!

さぁ、他にどんなお顔をお持ち??

まずは、チカ先生。

アシュタンガヨガやエアリアルヨガなど、多面性のあるチカ先生に、お話しを聞いてみました。 

ヨガの入口は、レッスンで「 ヴィンヤサヨガ」に出会ったのが、ヨガの最初なんだそうです。

色々チャレンジするのが好きなんだそうです。それにしても、好奇心以上の努力家ですよね。

確かにヴィンヤサヨガは、休憩を挟まずに連続したポーズをとっていく「呼吸とポーズの一体化」をテーマにした運動量の比較的多めのヨガポーズのこと。

流れるような音楽と一緒にテンポよく身体を動かすことで、精神的にも没入感を得られ、運動量が多い「アシュタンガヨガ」と「エアリアルヨガ」は、近いかなぁ…。

なるほど〜。

身体を動かすことが好きなんですね。

アクティブに旅行にも行きたいそうです。

チカ先生は、日々生活している何気ない瞬間にも、好奇心を一瞬たりとも逃さない女性なんですね。

お次は、松岡先生。

フロントでは、いつも優しく声を掛けてくれる先生。

「ダンスをしているから体力には自信があります」って聞いたけど。

それにしても、パワフルなスケジュールですよね。

私に優しくしてくれる様に、ご自身も身体に気をつけて下さいね。

その優しい思いやりや、周囲ヘの感謝。

気遣いの松岡先生だから「陰ヨガ」を提案出来るんだと思います。

私が、週に一度は欲する「陰ヨガ」

表現するなら、まずは、リラックスや浄化を感じます。

リラックスすると自分の心身が、自由に放たれた感じがします。

労りのヨガ。寄り添うヨガ。

「貴方は、十分頑張ってます。」

そんな風にハグされる感じ。

私の日常には、無い!!無い!!!

だから、めちゃくちゃ癒やしの時間。

大人になると強くたくましくなりますが、やっぱり、優しくされたら嬉しい。

ずっと、張り詰めてたらキツイですよね。

松岡先生に、甘えましょ!!

お腹を見せる仔犬みたいに、可愛がって〜癒やして〜!と、素直になりましょ。

ちなみに松岡先生は、こんなに包容力がある方なんです!

「写真良いですか?」で、カメラを向けたら「ハイ!!」って、このクオリティー(笑)

松岡先生Love😍

心をいつもまっ白に、どんな状況でも私達を受け入れてくれるインストラクター。

女性が憧れる女性。

なかなか、女性の目は厳しいハズ。

魅力的なヒトを見つけると共通点がある。その共通点は、多面性のあるヒト。

私もいろんな顔を持つ女性になりたい☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

前川 真紀

前川 真紀

ご縁あってロータスブルームの広報を担当させていただいております。 レッスンをお客様と共に受講させて頂き雰囲気や感想を中心にブログ更新しています。 インストラクターが試行錯誤しながらレッスンを構成する姿やリラックスしてスタジオを出るお客様の姿を身近に感じる事が醍醐味です。 温水による安心安全なスタジオは、心からリラックスさせてあげたい気持ちと心身ともに解放された気持ちが充満し快適です。 家庭や学校・職場でもない『どなたにも心地良い第三の居場所』ロータスブルームの魅力をそのまま皆様へお伝え出来れば嬉しく思います。 私自身が母親であり会社員だからこそ分かる、心と身体の凝りやすいところを緩められるレッスンが出来る日を目標に日々勉強中です。 是非、スタジオでお気軽にお声掛けください ブログの感想など貴重なお声が、私の最高最強の教材になります。 どうぞ、よろしくお願いいたします。 詳しく見る

Reservation
体験レッスンを予約する

1,000円/1回

webで予約する
093-541-1133 9:00〜19:00(第2・4月曜定休)
レッスン中により電話に出られない場合がございます。

Reason
ロータスブルームを作った理由

「ヨガで心と体が前向きになった。」

当時、なぜロータスブルームを作ったのか、その「原点」を代表の小坂が語ります。

view more