fbpx

Blog

希望!!を保つこと。


前川 真紀 前川 真紀

気温も上昇し、ウキウキする季節です。

マスクが辛い事もありますが、まだまだ緊張感を持たないといけません。

夏に向けて、生活がこれ以上厳しくならない事を祈るばかりです。

私は、極力外出や混雑を避けながら、家庭・仕事+自分時間を楽しむ様にしています。

ロータスブルームが、重要な楽しい時間・場所。

スケジュールのタイミングが合わないのでレッスンに参加出来てないのですが、予定を日々チェックして楽しみにしています。

また、もう一つ心から楽しみにしている事があります。

私自身が、友人・知人の数人へヨガ教室を開催しています。自粛期間が明けて近所のお宅へ久しぶりにレッスンに行きました。

『本当に久しぶりに身体を伸ばして気持ち良かった!』その笑顔が、とても嬉しかったです。

近日、数人にレッスンを予定しているので、今から色々と考えながら練習しています。 

この先に楽しみがある喜び。とても、パワーになります。何よりも笑顔に会える期待感が私のパワーの源です。

受け入れるしなやかさの反面、正直な気持ちも大切

TV番組で甲子園やインターハイの中止を受けた学生らのその後の生活が特集されていました。

学校も行けず部活も出来ず、個人的に鍛錬を続ける人、受け入れられない人。それぞれの生活を特集していました。

感情を抑えながらも声を震わせて、インタビューに応じるもチームメイトとのオンラインミーティングでは、悪露が出て涙が止まらない学生達。

『そうだよね・・・そうだと思う。』私が母親なら、悔しくて受け入れられない状況をどう見守るのかな?と、号泣しながら考えました。

感情のままに、泣いてわめいて一緒にもがき苦しむと思いますし、そう在りたい。と思いました。

挫折や困難な状況、トラウマなどを経験した後に、元の状態まで回復すること。さらにその経験を通して一層人間として成長し、健康な状態になれるには時間が必要だと思います。
いま、自分では思いもしないようなことがあちこちで起きています。今までの自分とは違う行動を求められたり、違う考えを受け入れる必要が出てくる。

それを受け入れるしなやかさをしっかり時間をかけて、年齢・経験とともに持てたらいいと思います。
大きな声で泣いたり、大きな声で笑ったり、その中で、最後に大切なのは、自分を保つこと。

それには、人それぞれ時間が必要、起きている事のポジティブな面を探す力も育てることが出来るのかな?

生きていくって、大変ですね。だからこそ、面白い!

番外編:Netflixが大人気なのはご存じの方も多いと思います、我が家も自粛中に、韓国ドラマにハマっております。

めったに、ドラマにハマらないんですが、こちらの韓国ドラマは、人間味溢れて最高なんでオススメです!!

ライブ〜君こそが生きる理由 

観終わってしまった… 毎話毎話ぐずぐずに泣いて… 韓国の就職難に揉まれる若者がそれぞれの事情も相まって警察官を志し、ホンイル分署に配属。 毎日毎日尽きない事件、酔っ払い、暴力、殺人事件、事故…俗に言う一難去ってまた一難。

人と人は、関わりあってこそ、人間らしく生きていける。こんな状況だからこそドラマの中で感情を爆発させてみてはいかがでしょうか。

「希望があるときは、人は鬱にならない」という記事を、読んだ事があります。確かに、そうかも知れません。

私達も困難な状況でも希望を持ち続けましょう。

この記事を書いた人

前川 真紀

前川 真紀

ご縁あってロータスブルームの広報を担当させていただいております。 レッスンをお客様と共に受講させて頂き雰囲気や感想を中心にブログ更新しています。 インストラクターが試行錯誤しながらレッスンを構成する姿やリラックスしてスタジオを出るお客様の姿を身近に感じる事が醍醐味です。 温水による安心安全なスタジオは、心からリラックスさせてあげたい気持ちと心身ともに解放された気持ちが充満し快適です。 家庭や学校・職場でもない『どなたにも心地良い第三の居場所』ロータスブルームの魅力をそのまま皆様へお伝え出来れば嬉しく思います。 私自身が母親であり会社員だからこそ分かる、心と身体の凝りやすいところを緩められるレッスンが出来る日を目標に日々勉強中です。 是非、スタジオでお気軽にお声掛けください ブログの感想など貴重なお声が、私の最高最強の教材になります。 どうぞ、よろしくお願いいたします。 詳しく見る

Reservation
体験レッスンを予約する

1,000円/1回

webで予約する
093-541-1133 9:00〜19:00(第2・4月曜定休)
レッスン中により電話に出られない場合がございます。

Reason
ロータスブルームを作った理由

「ヨガで心と体が前向きになった。」

当時、なぜロータスブルームを作ったのか、その「原点」を代表の小坂が語ります。

view more